就職・転職の活動に必要な『証明写真』を格安で作成する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カメラ

就職活動や転職活動にはお金がかかります。特に履歴書に張り付ける『証明写真』は値段も高く出費の割合も高くなってしまいますので、できるだけ安い値段で作成しましょう。

証明写真を撮影するには?

証明写真を撮影しプリントアウトするためには『写真館(写真屋)』で撮影するか『証明写真機(スピード写真)』で撮影するかの2択が多いでしょう。

『写真館(写真屋)』で撮影する

写真館(街の写真屋さん)のメリットは、より奇麗な証明写真に仕上げてくれることです。撮影時にカメラマン(のような人)が服や顔、肩などの位置を細かく修正してくれるので仕上がりが良いです。そのため、第一志望の企業へ提出する履歴書は写真館(写真屋)の証明写真としている人も多いでしょう。

デメリットは価格が高価であることで、1回の撮影で1,000から2,000円程度の費用が発生し、焼き増しをする際にも1枚数百円の費用が発生するので、コストパフォーマンスは一番悪くなります。

また、自分が納得していなくともカメラマンが納得すれば撮影が終了になってしまう事も多いです。

『証明写真機(スピード写真)』で撮影する

証明写真機(スピード写真)のメリットは、手軽に撮影できることです。最近は何度も撮り直しができるので、自分が納得のいくまで撮影をすることができ「証明写真の撮影が苦手だ」と言う人に向いています。また、「明日面接なのに証明写真が無くなった」と言った場合でも、面接前に気軽に撮影をすることができます。

デメリットは同じ写真がプリントアウトできない事です。『証明写真機(スピード写真)』で撮影するとネガを貰うことができないので『焼き増し』することができません。そのため、せっかく奇麗に撮影できたとしても、また最初から撮影をし直さなくてはなりません。また、値段も結構高い傾向にあるので何度も撮影をしてしまうと『写真館(写真屋)』で撮影したほうが安く上がることもあります。

昨今では、撮影した画像データをインターネット経由でスマートフォンなどへダウンロードできる機種もあります。

証明写真を格安にするには?

自身が確認した証明写真の一番安い値段は 4枚で100円 です。これは、『コンビニプリント』を使うことで実現する価格になっています。

コンビニプリントで証明写真

コンビニプリントとはコンビニエンスストアに設置してある複合機(コピー・プリンター・スキャナー・FAXなどがセットになった機器)でプリントアウト(印刷)できるサービスです。文書ファイルだけでなく、写真のプリントアウトも可能になっており、その機能を流用して100円~200円で証明写真を印刷することができます。

大手のコンビニエンスストアでは『証明写真4枚~6枚を1セット』にして200円程度で印刷することができますが、ミニストップでは他のコンビニよりも安く『証明写真4枚を1セット』にして100円で印刷することができます。

ただし、コンビニプリントで印刷をするためには証明写真の画像データ(jpgなどの電子ファイル)が必要です。

ミニストップが近くに無い場合、ダイソー(100円ショップ)の一部店舗にも同じ機械が同じ値段で設置してあります。

画像データを用意するには?

写真館のネガ

証明写真の電子データを作成する一番簡単な方法は、前述した『写真館(写真屋)』で1度撮影をすることです。写真館(写真屋)で撮影すると『焼き増し』できるようにネガを貰うことができますが、昨今ではデジタルカメラで撮影することが多いためフィルムネガでは無く画像データをCD-RやDVD-Rなどで貰うことができます。

そのため、写真館で撮影した電子データをコンビニに持っていけば、証明写真4枚100円の格安で焼き増しをすることができ、高品質で低価格な証明写真を作成することができます。

スキャナでスキャン

「写真館(写真屋)での撮影は嫌だ」や「撮影費用がもったいない」と言う人は『証明写真機(スピード写真)』でサイズの一番大きい写真をプリントアウトし、その写真をコンビニプリントのスキャナ機能でスキャンしてから証明写真印刷をすれば前述した方法よりも安く済ませることも可能です。

ただし、プリントアウト→スキャン→プリントアウトとすると、どうしても画像が劣化してしまうので事前に品質をチェックすることをオススメします。

自分で撮影する

デジカメやスマートフォンを用いて自分自身で撮影してしまうことも可能です。ただし、一般的な証明写真のような背景色(薄い青or白など)を用意できることが条件となるので少々難しいかもしれません。

スポンサーリンク

フォローする