就職・転職活動に使うメールアドレスは『専用』を用意しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
手紙

転職サイトや履歴書に登録・記載する『メールアドレス』をプライベートのメールアドレスにしていませんか?就職活動や転職活動に使うメールアドレスは自分自身の名前から作った専用のメールアドレスを用意するようにしましょう。

専用のメールアドレスを用意するわけ

ケータイメールは嫌われる

企業が一番嫌うメールアドレスはdocomoやau、SoftBankなどから提供されている『ケータイメール(キャリアメール)』です。これは、ドメイン指定受信などの設定によりメールが届かないなどのトラブルが発生することが多いからです。

職場のメールアドレスは見られてる

職場のメールアドレスをプライベートのアドレスと勘違いして使っている人がいますが、職場のメールアドレスは会社から貸与されているものなのでプライベートで使うのはやめておきましょう。
ちなみに、職場のメールアドレスは上司がメールの内容を見ることが可能です。私が勤めていた会社でも上司が部下のメールを読んでいる人がいました(取引先との連絡を把握するため)。そのため、職場のメールアドレスで転職のやり取りをしてしまうと、会社にばれてしまう恐れがあります。

メールアドレスは氏名で作成する

就職・転職で使用するメールアドレスは自分自身の氏名のイニシャルなどを混ぜて作り、一目見て誰のメールアドレスかわかるようにしておくと相手企業からの印象が良いです。

  • 名前のイニシャルと苗字のアルファベットをアンダーバーで組み合わせる
    • 転職 太郎 – t_tenshoku@outlook.com

  • 苗字のアルファベットの最後に名前のイニシャルをつける
    • 転職 太郎 – tenshokut@outlook.com

『恋人の名前』や『ペットの名前』、『好きなキャラクターの名前』など第三者が自分自身を認識できない文字列を使ったものは避けた方が良いでしょう。

就職・転職で使いやすいフリーメールアドレス

メールアドレスは無料で取得することができます。就職活動や転職活動にフリーのメールアドレスは適さないと言う考えもありますが、昨今ではGmailなどフリーでもちゃんとしたメールアドレスがあります。また、有料のメールアドレスは逆に少ないので探すのに苦労するでしょう。

  • Gmail – 一番有名なフリーメールアドレスです。業務で使っている人も居るので信頼性はあります。ただ、スマートフォンの利用などで既に取得済みの人は2つ目のアドレスを取得すると面倒なので避けたほうが良いです。

  • Outlook.com – Microsoftが提供しているフリーメールアドレスです。専用のアプリを使ってGmailやケータイメールのようにスマートフォンで着信通知・自動着信することができるので、転職・就職の連絡用には最適です。Androidスマートフォンを使っており新たにGmailを取得したくないという人には最適です。

転職活動で使用したメールアドレスを入社後もプライベートの連絡先としておけば、不要に連絡先を教える必要がなくなります。

スポンサーリンク

フォローする