当サイトは画像フォーマットにWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

国立国会図書館が超便利だった

勉強 ライフハック

出版社で働いていた時に何かと耳にして一度は行ってみたかった国立国会図書館に行ってきました。近寄りがたい名前ですが、誰でも利用できる施設なんです。

国立国会図書館とは?

国立国会図書館法に納本制度と言うものがあり、日本国内で出版されたものは国立国会図書館に納入する必要があります。そのため、国立国会図書館は日本国内で出版されたすべての出版物を保管していることになります。

すべての出版物なので例えば週間少年ジャンプなど普通の図書館に置いていないような雑誌も無料で閲覧することができます。

この国立国会図書館を利用するためには、登録利用者になる必要があります。っと言っても簡単で「氏名」、「住所」、「電話番号」を申込用紙に記載して本人確認書類とともに提出すれば「登録利用者カード」を貰うことができます。

初回にカードを作成するので、15分~30分程度時間を要します。

実際に行ってみた

「図書館を巨大にしたもの」と言うわけではなく、本の代わりに何台ものパソコンが並んでおり、利用者はそのパソコンを利用して閲覧したい本を検索し持ってきてもらうため書庫を目にすることはありません。また、書籍や雑誌を閲覧する座席も豊富にあるのでのんびりと本を読みたい人にも向いています。

利用者が使用できる食堂やカフェもあり、料金は普通(場所を考えれば安いかも)でしたがメニューはそれなりに豊富でした。当然ですが書籍や雑誌を閲覧しながら利用することはできません。

持込み機器使用席を使うと自分のパソコンを利用することができます。もちろん、電源や公衆無線LAN(FREESPOT)も使えるのでパソコンやモバイルWi-Fiルーターのバッテリーに悩まされることもありません。

利用の注意点

B5サイズ以上のカバンは持ち込み不可なのでロッカーに入れておく必要があります。

ノートや筆記用具など持ち込みたいものは透明な袋が常備されていますのでそれに入れて持ち込む必要があります。ただ、逆に言えば身軽に過ごす事ができるので楽かもしれません。

また、「東京本館(千代田区永田町)」、「関西館(京都府相楽郡精華町)」、「国際子ども図書館(東京都台東区上野)」と施設が分かれている関係上、必ずしも「その日その場で全ての書籍・雑誌を閲覧できるわけではない」と言うことを頭に入れておいたほうが良いでしょう。

所感

週間少年ジャンプなどのコミック雑誌を読んでいる人も居るので想像しているよりも硬い感じは無かった印象です。「登録利用者」になってしまえば3年間は利用できる(更新も可)ので、近くに住んでいるのであれば暇つぶしにも最適です。

今回は千代田区永田町にある「東京本館」に行きました。今回、求めていた本は無く「国際子ども図書館」にあるそうなので、また時間を見つけて行ってみたいと思います。

サイト http://www.ndl.go.jp/

タイトルとURLをコピーしました