スマホのホームにWebサイトのショートカットを作成する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホアプリ

Webサイトにアクセスする際にブックマークから選択するのも良いですが、ホームにWebサイトのショートカットを作成しておけば他のアプリと同様にホームからタップするだけでアクセスできるので便利です。

ショートカットとは?

Windowsなどでデスクトップ上の アイコンをクリックするとソフトウェアが起動すると思いますが、あれはデスクトップ上にソフトウェアが存在しているわけでは無く ソフトウェアの場所を記録したアイコン が配置されているだけなんです。そのためクリックするだけでソフトウェアを起動できるわけです。これを ショートカット と呼んでいます。

同じようにAndroidやiPhoneのホームにWebサイトの URLを記録したアイコン を設置することで、アイコンをタップするだけでブラウザが起動してWebサイトを直接表示させることができるようになります。

ショートカットのメリット

アプリでもWebサイトでも利用できるFacebookなどでは、インストールよりもショートカットを作成してアクセスしたほうがバックグラウンドで処理が行われないのでバッテリーの消費を抑えることができます。
通知などを受けたい場合にはアプリを使う必要がありますが、逆に通知を受けずに自分で好きな時に確認したいという場合にはアプリをアンインストールしてショートカットで対応するほうが良いでしょう。
また、専用のアプリが存在せずにWebページでしかアクセスできないサービスなどは、ショートカットを作成しておけば アプリのようにワンタップでアクセス することができるので便利です。

ショートカットを作成する方法

Androidでは Chromeブラウザ を使います。その他のブラウザでも同様にできるかもしれません。iPhoneの場合はChromeブラウザではできなかったので Safari を使って行います。

Androidの場合

  1. Chromeブラウザを開き 右上のアイコン(メニューアイコン) をタップします。

    Android→Chrome

  2. メニューから ホーム画面に追加 をタップします。

    Android→chrome→メニューアイコン→メニュー

  3. タイトルの入力欄が表示されデフォルトでページタイトルが入力されていますが、長いと表示されないのでできるだけ短くわかりやすい名前を入力することをオススメします。

    Android→chrome→ホーム画面に追加

  4. ホーム画面上にアイコンが追加され、このアイコンをタップすればWebページにアクセスできます。

    chrome-shotcut8

    アイコンはWebページ側で設定されているものが表示されますが、サイトによってはアイコンが設定されておらず共通のアイコンで表示される場合もあります。

Androidでのやり方は以上です。

iPhoneの場合

  1. Safariを開き 画面下の真ん中にあるアイコン をタップします。

    iPhone→safari→画面下のアイコンリスト

  2. メニューが表示されるので ホーム画面に追加 をタップします。

    iPhone→safari→画面下のアイコンリスト→メニュー

  3. タイトルの入力欄が表示されデフォルトでページタイトルが入力されていますが、長いと表示されないのでできるだけ短くわかりやすい名前を入力することをオススメします。

    iPhone→safari→ホームに追加

  4. ホーム画面上にアイコンが追加され、このアイコンをタップすればWebページにアクセスできます。

    iPhone→ホームに追加されたアイコン

    アイコンはWebページ側で設定されているものが表示されますが、サイトによってはアイコンが設定されておらず共通のアイコンで表示される場合もあります。

まとめ

なんでもかんでもアプリをダウンロード&インストールせずに断捨離してショートカットで対応すると良いでしょう。

スポンサーリンク

フォローする