スマホで “画面オーバーレイを検出” と表示された時にやるべきこと

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オーバーレイ

XperiaなどのAndroidスマートフォンを操作していると “画面オーバーレイを検出” と表示されることがあります。いきなり表示されるので「何をしたらよいのか?」と疑問に思う人も多いでしょう。

画面オーバーレイってなに?

そもそも “overlay(オーバーレイ)” とは「上に置く」「重ねる」などと言う意味なので “画面オーバーレイ” とは「画面が上に重なっている」と言うことを指しています。

Androidスマートフォンでは、アプリ起動中に別のアプリを使用する際に使わていることが多く、ブルーライトフィルターのようなフィルター系アプリを始め以前紹介したアプリ “Handy Soft Keys” もその1つです。

SO-02G→Handy Soft Keys

参考 スマホのナビゲーションバーが反応しなくなった場合の対処方法

検出とは?

画面オーバーレイを用いたアプリは一般的に使われているので、「画面オーバーレイを検出」と言われても「だからなに?」「なぜOFFにしなければいけないのか?」と思う人も多いでしょう。

F5321→オーバーレイを検出

この画面オーバーレイは、悪意を持って使用するとユーザーに “意図しない操作” を行わせることが可能なので、オーバーレイが使われている際にはスマートフォンの重要な操作(権限変更など)が行えないようになっています。

オーバーレイによる改ざん例

したがって、操作を継続する場合には “画面オーバーレイ” を用いたアプリを一時的に停止させる必要があります。

対象アプリを停止させる手順

  1. “画面オーバーレイを検出” ダイアログより『設定を開く』をタップします。

    F5321→オーバーレイを検出

  2. “他のアプリの上に表示するアプリ” のプルダウンより『権限のあるアプリ』を選択します。

    F5321→他のアプリの上に表示

  3. 画面オーバーレイを使用するアプリの一覧より『対象のアプリ』をタップします。

    F5321→他のアプリの上に表示

    起動中のアプリのみで構いません。
  4. 詳細画面より『〇に “i”』のアイコンをタップします。

    F5321→他のアプリの上に表示

  5. アプリの詳細より『強制終了』をタップします。

    F5321→他のアプリの上に表示

    「“他のアプリの上に表示を許可” をオフにする」でも良いですが、元に戻すのを忘れないように注意してください。

画面オーバーレイアプリを停止させるやり方は以上です。

この機能はAndroid 6.0 Marshmallowから搭載されましたが、たくさんのアプリをインストールしていると作業量が多くなり大変になってしまいます。そのため、Android 7.0 Nougatでは改善されていることを期待したいところです。