スマホのステータスバーに “秒” を表示する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Androidスマートフォンにおいて、ステータスバーに表示されている時計に “秒” を追加するのは意外と難しい物でした。しかし、Android 7.0 Nougatを搭載したXperia X Compact F5321では、設定から “秒” の表記を追加できるようになっていました。

時計における “秒” の表記

Xperiaを始めとしたスマートフォンのステータスバーには “時計” が表示されていることが多いですが、表示されている時計の表記は “時分” のみで “年月日” を始め “秒” などは省略されている場合がほとんどです。

しかし、時計の “秒” を確認する場合と言うのは意外とあり、例えば人気チケットの予約開始時刻(販売開始時刻)ぴったりに電話やインターネットで注文したくカウントダウンすると言った経験を持っている人も多いでしょう。

これまでは、アプリによって通知領域に表示させたり、root化によってカスタマイズしたりして対応してきた “秒” の表記ですが、Android 7.0 Nougatを搭載したXperia X Compact F5321では設定によって表記の変更ができるようになりました。

時計に “秒” を表示する手順

  1. 設定より『システムUI調整ツール』をタップします。
    参考 スマホの『システムUI調整ツール』を表示させる方法

    F5321→設定

  2. システムUI調整ツールより『ステータスバー』をタップします。

    Xperia X Compact→設定→システムUI調整ツール

  3. システムUI調整ツールの “ステータスバー” より『時間』をタップします。

    Xperia X Compact→設定→システムUI調整ツール→ステータスバー

  4. 表示された選択肢より『時間、分、秒を表示』を選択します。

    Xperia X Compact→設定→システムUI調整ツール→ステータスバー

  5. ステータスバーの時計に『時:分:秒』と表示されるようになります。

    Xperia X Cmpact→ステータスバー→秒

時計に “秒” を表示するやり方は以上です。

バグ(不具合)なのか定かではありませんが、設定後に再度 “システムUI調整ツール” を開くと設定内容がリセットされてしまうようなので注意してください。

参考 Xperia X Compact F5321をAndroid 7.0 Nougatへアップデートしてみた