Xperiaを任意のバージョンへダウングレード・アップグレードする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマートフォン

2016年08月08日よりXperia Z3 Compact SO-02GにAndroid 6.0 Marshmallowアップグレードが開始されました。Marshmallowにアップグレードした結果、なんとなく馴染めない・使いにくいといった人も居ると思いますが、そんな時はAndroid 5.0.2 LollipopやAndroid 4.4.4 KitKatなど任意のバージョンに戻すのも1つの手でしょう。

この記事は一部イレギュラーな内容を含んでいます。したがって、すべて自己責任にて行い何がおきても一切の責任は負いません。

Xpeiraは自由自在!

Xperia Z3 Compact SO-02Gに限らず、Xperiaシリーズには共通してAndroid OSを任意のバージョンにダウングレードorアップグレードをすることのできるソフトウェアが用意されています(非公式)。そのため、専用のファイルさえ用意しておけば、いつでもダウングレードorアップグレードを行うことができるので非常に便利です。

ただし、Androidに限らずOSのアップデートは機能の追加や向上だけでなく脆弱性の対応などのために行われます。そのため、ダウングレードすることで外部からの攻撃に対して弱くなる可能性があるので、少しでも不安に感じるのであれば可能なかぎり最新のOSを使用することをオススメします。

環境構築

Xperiaを任意のAndroidバージョンに初期化するためにはFlashtoolと呼ばれるパソコンのソフトウェアをインストールす必要があります。

参考 Xperiaカスタム用のパソコン環境構築手順

必要なファイル

任意のバージョンへダウングレード・アップグレードを行うためには各Androidバージョン(ビルド番号)のFTF(FlashTool File)と呼ばれる専用のイメージファイルが必要になります。
自分で作成するのが一番良いですが時間が経過すると作成することができなくなります。その場合は、インターネット上を検索してダウンロードするしか方法はありません。

一例としてXperia Z3 Compact SO-02Gの場合には以下のようになっています。

Androidバージョン ビルド番号
Android 4.4.4 KitKat 23.0.B.1.59
Android 5.0.2 Lollipop 23.1.B.1.317
Android 6.0.1 Marshmallow 23.5.B.0.303
SO-02GでAndroid 6.0.1 MarshmallowからAndroid 5.0.2 Lollipopへダウングレードする場合にはXperia Companionを使って簡単に実行できます。
参考 SO-02GをLollipopへダウングレードするのは簡単だった!

操作の手順

Xperiaに対してFTFを適用することを「ROMを焼く」と表現するので覚えておくと良いでしょう。また、機種によっては内部ストレージに保存されたファイルも削除されるので注意しましょう。

  1. Xperiaをあらかじめシャットダウン(電源を切る)しておきます。

    Androidの物理ボタン

  2. Flashtoolを起動し、左上の「カミナリ」アイコンをクリックします。

    Flashtool「起動」

  3. modeの選択が出るので「Flashmode」にチェックを付けて「OK」をクリックします。

    Flashtool「mode選択」

  4. 対象のFirmwareを選択して「Flash」をクリックします。

    Flashtool「Firmeware選択」

  5. 以下の画面が出たらXperiaのボリュームダウンキーを押しながらUSBケーブルでパソコンと接続します。

    Flashtool「USB接続」

  6. 完了までしばらく時間がかかるので気長に待ちましょう。

FTFを使用したROM焼きのやり方は以上です。

使い方をマスターすれば「データを残したまま初期化する」と言ったこともできますが、失敗すると面倒なことになるので慣れるまでは初期化だけにしておいた方が無難です。

参考 FlashtoolでFTFを作る方法
参考 FlashtoolのROM焼きに失敗してもあきらめずに試したいこと

スポンサーリンク

フォローする