Googleマップをダウンロードして『オフライン』で使用する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホアプリ

インターネットで見られる地図と言えば『Googleマップ』ですが、スマートフォンのGoogleマップアプリでは、マップデータをダウンロードしてオフラインで使用することができる『オフラインエリア』機能が搭載されています。

オフラインエリアとは?

Googleマップはインターネットに接続されている状態で使うことが想定されていますが、「インターネット接続が遅い!」「料金が高額になる!」「インターネットが使えない!」などの理由から、あらかじめマップデータをダウンロードしておきたいと考える人も多いでしょう。

Googleマップアプリでは、特定のエリアをスマートフォンやタブレットに保存しオフラインで使用することができる『オフラインエリア』機能が搭載されています。

オフラインエリアの使い方

準備

オフラインエリアによってダウンロードされる地図データは、大容量であるためWi-Fiでの実行をオススメします。そもそも初期設定ではWi-Fiのみでダウンロードされるように設定されているはずですが、必ず確認しておきましょう。

  1. Googleマップのサイドメニューアイコン『三』をタップします。

    Googleマップ→検索

  2. サイドメニューより『オフラインエリア』をタップします。

    Googleマップ→サイドメニュー

  3. オフラインエリアより『歯車アイコン』をタップします。

    Googleマップ→オフラインエリア

  4. オフライン設定より任意に変更します。

    Googleマップ→オフラインエリア→設定

オフラインエリアの設定は以上です。

ダウンロードする手順

  1. Googleマップアプリを起動し『保存したい場所』を検索します。

    Googleマップ→検索

  2. 画面下のバー表示されている『場所の名前』をタップします。

    Googleマップ→検索

  3. 場所の詳細が開くので『ダウンロード』をタップします。

    Googleマップ→検索→詳細

  4. “ここをダウンロードしますか?” と表示されたら、ダウンロード範囲(青い枠内)を確認し『ダウンロード』をタップします。

    Googleマップ→検索→ダウンロード範囲

    ダウンロード範囲は、ピンチイン(2本の指で縮小)・ピンチアウト(2本の指で拡大)で変えることができます。

  5. 任意にオフラインエリア名を入力し『保存』をタップします。

    Googleマップ→検索→オフラインエリア名

  6. ダウンロードが完了すると通知領域に通知されます。

    Googleマップ→検索→オフラインエリア→ダウンロード完了

オフラインエリアをダウンロードするやり方は以上です。

表示する手順

スマートフォン本体がインターネットから切断されていると自動的にオフラインモードに切り替わります。オフラインモードでは、ダウンロードしたデータ内であれば検索ルート案内などが利用できます。ただし、オフラインエリア以外の領域を利用しようとするとエラートーストが表示されます。

Googleマップ→検索Googleマップ→オフラインエリア→オフライン

また、インターネットへ再接続されれば自動的にオンラインモードに切り替わり、フル機能が使えるようになります。

削除する手順

地図データには有効期限が定められていますが、容量が大きいので使用し終わったら削除するようにした方が良いでしょう。

  1. Googleマップのサイドメニューアイコン『三』をタップします。

    Googleマップ→検索

  2. サイドメニューより『オフラインエリア』をタップします。

    Googleマップ→サイドメニュー

  3. オフラインエリア一覧より『対象のオフラインエリア』をタップします。

    Googleマップ→オフラインエリア

  4. オフラインエリアの詳細より『削除』をタップします。

    Googleマップ→オフラインエリア→詳細

オフラインエリアを削除する手順は以上です。

オフラインエリアは、当然に機内モードでも使用することができるので、電波の発信できない場所で地図を確認することが可能です。
2016年05月現在では、日本国内のデータをダウロードすることはできませんが、利用可能範囲が拡大することを期待したいです。

スポンサーリンク

フォローする