電話番号でメッセージをやり取りする『SMS』を使う方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SIMカード

海外では主流なSMSは日本ではあまり利用されていません。電話番号だけでやり取りできる手軽さやLINEなどのSMS認証で使用することから認知度が高くなってきましたので使い方を覚えておくと良いでしょう。

SMSとは?

Short Message Service(ショートメッセージサービス)の略で、電話番号のみでテキストメッセージのやり取りを行うための機能です。ドコモやau、ソフトバンクが提供するキャリアメールやGmailのような(いわゆる)Eメールがインターネットを介して送受信されるのとは違い、音声通話回線 を用いてメッセージのやり取りを行うのが特徴です。

iPhoneなどで “MMS” と呼ばれる機能もありますが、これはSMSを拡張しEメールアドレス宛ての送信もサポートするようになったサービスです。日本では MMS=キャリアメール と言えなくも無いですが、キャリアメールは独自に進化した部分があるので似て非なるものと考えておいた方が良いでしょう。

前述したとおり国内外問わず利用されている世界的に標準なメッセージング方式ですが、日本ではEメール(いわゆるキャリアメール)が早くから普及したために使用する機会は少なく「使い方がわからない」と言う人は多いでしょう。

各キャリアが提供するSMS

日本の各キャリアではそれぞれが別のサービス名を用いており、ドコモでは ショートメール(ショートメッセージサービス)、auでは Cメール、SoftBankでは SMS と呼びサービスを提供しています。

これらのサービスは申し込み不要なので、携帯電話やスマートフォンの音声通話を契約していれば誰でも使うことが可能です。また、サービス名こそ違いますが互換性があるので各キャリア間で相互に送受信をすることができます。

もともとは各キャリアが独自に開発したメッセージングサービスだったために、各キャリア間で相互に送受信することはできませんでしたが、それぞれがSMSとして規格を合わせて相互に送受信できるようにしたと言う歴史があります。

送信できる文字数

SMSで送信できる文字数は各キャリアによって異なりますが、各キャリア間で相互に送受信できるのは 全角70文字(半角英数字160文字)と上限が決まっているので基本的には全角70文字以内で送受信するをオススメします。

SMS利用による料金

月額使用料は無料で受信も無料です。ただし、送信は有料で、国内への送信で 3円/1通 程度、海外への送信で 100円/1通 程度なので海外への送信する場合には注意が必要です。

また、前述した全角70文字(半角英数字160文字)を超えた文字数を送信すると、その文字数によって料金が異なります。そのため、「SMSは全角70文字(半角英数字160文字)まで!」と考えるのが適切です。

ドコモ、auからSMSを送信する場合は 無料通信分(無料通話分) の対象となるので、無料通信分(無料通話分)内であれば無料でやり取りをすることができます。

MVNOでのSMS

MVNO(格安SIM)では SMS対応のデータ専用SIM音声対応SIM であればSMSの送受信が可能です。

料金はデータ専用SIMに限り月額使用料として120円程度の追加料金が必要です。送受信は各キャリアとほとんど変わりませんが、各MVNO事業者に確認することをオススメします。

ちなみにOCNモバイルONEの場合、5通/月の送信は無料なのでオススメです。

サイト OCN モバイル ONE

SMSの使い方

機種によって使用するアプリが異なります。XperiaやiPhoneの場合、デフォルトでは メッセージ と言う名前のアプリとなっていることが多いでしょう。また、ハングアウトがデフォルトになっている場合もありますが、今回の説明にはAndroidアプリ『メッセンジャー』を用いるので、同じ画面にしたい場合には以下をダウンロード&インストールすることをオススメします。

Pickup! メッセンジャー – Google Play の Android アプリ

ただ、基本的にメール(テキストメッセージ)の送信先に電話番号を指定するだけなので難しいことは無いでしょう。

auが販売するスマートフォンは “SMS” と言う名の専用アプリがインストールされていることがあるので注意してください。

参考 Lollipopでスマホのデフォルトアプリを選択する方法
参考 Marshmallowでスマホのデフォルトアプリを選択する方法

SMSを『送信』する手順

  1. アプリより『+』をタップします。

    Android→メッセンジャー→送信

  2. 送信先(あて先)の選択より、電話番号を『リストから選択』もしくは『直接入力』します。

    Android→メッセンジャー→送信

  3. 下の欄に次にメッセージを入力し送信します(入力欄右の三角形アイコン)。

    Android→メッセンジャー→送信

SMSを『送信』するやり方は以上です。

SMSを『受信』する手順

  1. SMSを受信したら『メッセージ』アプリをタップし、リストから受信相手をタップします。

    Android→メッセンジャー→受信

  2. 受信したメッセージが表示されます。

    Android→メッセンジャー→受信

SMSを『受信』するやり方は以上です。

届いたことを確認する手順

SMSにはメッセージが相手に送信できたか確認する為に “配信レポート” と呼ばれる機能があります。この機能をオンにすると送信したメッセージが相手に届いた際に “チェック” が表示されるようになります。

Android→メッセンジャー→配信レポートAndroid→メッセンジャー→配信レポート

  1. アプリ右上より『三点リーダー(三つの点)』をタップします。

    Android→メッセンジャー

  2. 表示されたメニューより『設定』をタップします。

    Android→メッセンジャー→メニュー

  3. 設定より『詳細設定』をタップします。

    Android→メッセンジャー→設定

  4. 詳細設定より『SMS受取確認通知』をタップします。

    Android→メッセンジャー→設定

相手にメッセージが届いたことを確認するやり方は以上です。

ただし、この手のものは100%とは言えないので過信しすぎることなく、重要な連絡は電話などを直接相手に伝わる方法を選ぶことをオススメします。

転送する方法

SMSはEメールと同様に受信したメッセージを転送することができます。転送は手動で行うのはもちろん、専用のアプリを用いれば自動転送や自動応答することも可能です。

参考 スマホでSMSを転送する方法

バックアップする方法

標準機能としてバックアップ・レストアは提供されていないようなので、別途アプリを使用します。

参考 SMSをバックアップ&レストアする方法

パソコンでSMSを使う方法

SMSは電話回線を用いて送受信される関係上、パソコンから送受信することは難しいですが、パソコンのChromeブラウザとAndroidスマートフォンを連携するとパソコン上からSMSを送信することが可能になります。

参考 GmailからSMSを送信する方法

MVNO(格安SIM)ではキャリアメールは使えませんのでGmailなどでメールを送信すると相手がキャリアメールの場合は迷惑メール対策などで受信できない場合があります。そんな時にはSMSでの送信が良い連絡手段になります。

スポンサーリンク

フォローする