FlashtoolをWindow10にインストールする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマートフォン

Xperiaのカスタマイズに必要不可欠なFlashtoolをWindows10にインストールする手順を示してみました。

この記事は公式では無いイレギュラーな内容を含んでいます。したがって、全て自己責任にて行い何がおきても一切の責任は負いません。

準備

Flashtoolを動作させるにはAndroid SDKのインストールが必要です。

参考 [win10] Android SDKをインストールする方法

ダウンロード

公式サイト「Flashtool」より”Download”→”Windows”をクリックしいずれかのリンクからダウンロードします。
ただし、2015/07/31現在、バージョン0.9.19.0が最新版ですがZ1,Z2,Z3,Z3+/Z4, Z4Tablet, E4,E4G,M4しか対応していません。それ以外の端末は1つ前のバージョン0.9.18.6のダウンロードを推奨します。
また、ダウンロードしたファイルの整合性はMD5を用いてチェックすることをオススメします。

参考 コマンドプロンプトで『MD5ハッシュ値』を表示させる簡単な方法

インストール

  1. ダウンロードしたファイルをダブルクリックするとインストーラーが起動するので「Next」をクリックします。

    Flashtool「インストーラー起動」

  2. インストール場所を選択します。必要であれば変更し「Next」をクリックします。

    Flashtool「インストール先」

  3. スタートメニューのフォルダ名を入力します。必要であれば変更し「Next」をクリックします。

    Flashtool「スタートメニューのフォルダ名」

  4. インストールが開始されます。最後に”Completed”と表示されたら「Next」をクリックします。

    Flashtool「インストール完了」

  5. 最後に「Finish」をクリックして終了です。

    Flashtool「インストーラ終了」

動作確認として、Flashtoolを起動しスマートフォン本体のボリュームダウンキーを押しながらUSBケーブルで接続した際に「Device connected in flash mode」と表示されればOKです。

うまく動作しない場合にはドライバがきちんとインストールされていない事がほとんどです。ドライバのインストールはPC CompanionでXperia本体を認識させるとインストールされることがありますが、それでもダメな場合にはPC CompanionでXperia本体を初期化すると多くの場合で自動的にインストールされるのでお試しください。
また、わかる人は「Drivers – Developer World」からドライバをダウンロードできますので手動でインストールしましょう。

参考 Xperiaのイメージファイル『FTF』を作る方法