[Win10] コマンドプロンプトで『MD5ハッシュ値』を表示させる簡単な方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Windows10

インターネット上から大きなファイルをダウンロードする際、“改ざん” や “破損” が無いことを確認するために『MD5チェックサム』を用います。Windowsではフリーソフトが充実しているので使っている人も多いでしょうが、コマンドプロンプトから標準コマンドで表示させることもできます。

MD5ハッシュ値とは?

任意のファイルから算出される『32個の数字が並んだテキスト形式』のことを指します。このMD5ハッシュ値はファイルごとに算出される結果が異なるので、ファイルを転送する際にそのファイルが破損していないことや改ざんされていないことを確認するために用いることができます。

確認するためには、ファイルのダウンロード時に公開されたmd5sumを記録して置き、ダウンロードしたファイルのMD5ハッシュ値を自前で算出して合致しているかをチェックします。

Web→Ubuntu→ダウンロード→md5sum

MD5ハッシュ値を出力する手順

コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行すると、MD5ハッシュ値を表示させることができます。

certutil [オプション] -hashfile ファイル名 [ハッシュ関数]

例えば、c:\test.txtのMD5ハッシュ値を調べたい場合には以下のコマンドを実行します。

certutil -hashfile c:\test.txt MD5

マウス操作で簡単に表示させる方法

コマンドプロンプトを立ち上げ→コマンドを実行を毎回やるのは面倒だし、コマンドも覚えてられないと言う場合には、バッチファイルを作成しておくと便利でしょう。

@echo off
certutil -hashfile "%~1" MD5
pause

また、『送るメニュー』に登録しておけば、右クリック→送るでMD5ハッシュ値を表示させることができるので簡単便利です。

私はWindowsの「送るメニュー」が大のお気に入りです。このメニューをうまく使うと非常に便利です。
スポンサーリンク

フォローする