[Win10] 追加アプリケーションなしでファイルをPDF化する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Windows10

Windows上でファイルをPDF化するアプリケーションと言えばCubePDFやPrimoPDFなどのPDF作成アプリケーションが有名ですが、Windows10では追加のアプリケーション不要でPDF化ができるようになっています。

PDF作成アプリケーションとは?

仮想プリンターとして動作して、WordやExcelなどのファイルを印刷することでPDF化するというアプリケーションです。これまでは、CubePDFやPrimoPDFと呼ばれるアプリケーションを別途インストールする必要がありましたが、Windows10には機能が備わっているので標準でPDF化を行うことができます。

参考 WordやExcelなど様々なファイルをPDFファイルに変換する方法

PDFを作成する仮想プリンタ

Windows10にインストールされているプリンタを確認すると「Microsoft Print to PDF」とあります。この「Microsoft Print to PDF」がPDF化を行う仮想プリンタです。

インストールされているプリンタはコントロールパネル→デバイスとプリンターから確認できます。
コントロールパネルの開き方がわからない場合は「Windows10にもコントロールパネルはありますよ」を参照してください。

ファイルをPDF化する方法

ちゃんとPDF化できるのかやってみました。

  1. PDF化したいファイルを開きます。
    Win10「PDF化したいファイル」

  2. “ファイル” → 「印刷」をクリックします。
    Win10「ファイルの印刷」

    Ctrl+Pでも開きます。

  3. 印刷ダイアログが開くので「Microsoft Print to PDF」を選択し「印刷」をクリックします。
    Win10「印刷ダイアログ」

  4. 名前を付けて保存ダイアログが開くので適当な名前を入力して「保存」をクリックします。
    Win10「名前を付けて保存ダイアログ」

  5. 保存されたファイルを開くとPDF化されています。
    Win10「PDFの閲覧」

  6. 以上で終了です。

PDFの閲覧もアプリケーション不要

PDFの閲覧には“Adobe Acrobat Reader”のようなアプリケーションが必要でしたが、Windows10ではアプリケーションは不要で標準で閲覧することができます。

まとめ

ビジネスの場では多用するPDF化ですので追加アプリケーションなしで標準でできるのは非常に助かります。

スポンサーリンク

フォローする