Windows10の『Home』と『Pro』の違い

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Windows10

Windows10を新規で購入したりアップグレードする際の悩みの1つに『Home』にするか『Pro』にするかが挙げられるでしょう。個人的には『Pro』をオススメしますが、違いをしっかりと理解しておくと良いです。

概要

Windows10の『Home』や『Pro』などはエディションと呼ばれ、機能や価格に違いがあります。Windows10のエディションは『Home』『Pro』『Education』『Enterprise』などありますが、一般家庭や通常の企業であれば『Home』や『Pro』しかお目に掛かれないかと思いますので、『Home』や『Pro』の違いだけ抑えておけば問題ないでしょう。

機能の違い

主な特徴

『Home』や『Pro』で基本的な特徴については大きく差はありません。最大CPUソケット数や最大物理メモリ容量が大きく違いますが、一般家庭であれば『Home』の量でも問題ないでしょうし、企業ではx86(32ビット)版が主流なので大きな差は出ないでしょう。

機能 Home Pro
x86(32ビット)版 / x64(64ビット)版 x86/x64版 x86/x64版
最大CPUソケット数 1 2
最大物理メモリ容量 (RAM)(x64版)[49] 128 GB 2 TB
最大物理メモリ容量 (RAM)(x86版)[49] 4 GB 4 GB
カスタマイズ可能なスタート メニュー 対応 対応
Windows Defender & Windows ファイアウォール 対応 対応
Hiberboot と InstantGo によるすばやい起動 対応 対応
TPM のサポート 対応 対応
バッテリー節約機能 対応 対応
Windows Update 対応 対応
Cortana 対応 対応
Windows Hello 対応 対応
仮想デスクトップ 対応 対応
スナップ アシスト(1 画面で 4 つのアプリまで) 対応 対応
複数のモニターをまたいだスナップ 対応 対応
OneDrive 対応 対応
Microsoft Edge 対応 対応
Continuum 対応 対応
Windows スポットライト 対応 対応
ときどきスタート画面におすすめを表示する 対応 対応

ビジネス向け機能

ビジネス向け機能については、大きさがあります。当然に『Home』よりも『Pro』の方が対応している機能が多くなります。
特に注目したいのが『リモートデスクトップ』でしょう。Proであれば、『クライアント(接続する)』としても『ホスト(接続される)』としても使用することができるのに対してHomeでは『クライアント』しか使用することができません。一般家庭でリモートデスクトップを使用しないと思いがちですが、タブレットなどから接続したいという人も多いため、その場合には『Pro』であるほうが良いでしょう。

また、システム開発などを目的とし『Hyper-V』を使用する必要がある場合には、必然的に『Pro』ということになります。とはいえ、システム開発をする人間が『Home』を使うというのはあまり考えられないので、会社などで『Home』を使っているようであれば考え直した方が良いでしょう。

機能 Home Pro
デバイスの暗号化 対応 対応
ドメイン参加 非対応 対応
グループ ポリシー管理 非対応 対応
BitLocker 非対応 対応
Enterprise Mode IE (EMIE) 非対応 対応
Assigned Access 8.1 非対応 対応
リモートデスクトップ クライアント 対応
クライアント Hyper-V 非対応 対応
(x64版専用)
Nested Hyper-V[50] 非対応 対応
(x64版専用)
Hyper-V マネージャー 非対応 対応
ISOおよびVHDのマウント 対応 対応
VHDからのブート 非対応 対応
基幹業務アプリのサイドローディング 対応 対応
モバイル デバイス管理 対応 対応
Workplace Join 対応 対応
Azure Active Directory への参加 非対応 対応
Windows 10 用ビジネス ストア 非対応 対応
Microsoft Passport 対応 対応

まとめ

家庭では『Home』、企業では『Pro』を使うのが一般的ですが、昨今では家庭用のパソコンでも『Pro』を搭載することが増えてきました。逆に企業で『Home』を使用している場合は注意が必要で、グループ ポリシー管理ができないと様々な弊害を生みます。特に一般企業で社内SEとして働くのであればクライアントのパソコンが『Home』であるか『Pro』であるかを確認していた方が良いでしょう。

『Home』を使っている企業には要注意です。

スポンサーリンク

フォローする