[Win10] 拡張子ごとの関連付けを解除する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコンモニター

Windows10において、拡張子の関連付けを誤ってしまったので解除しようと思ったら一筋縄にはいかず意外と面倒でした。

関連付けとは?

Windowsでは、ファイル名のほとんどに “拡張子” と呼ばれる識別文字列が付与されています。この拡張子を元に起動するアプリケーションを決めるのが関連付けと呼ばれています。

参考 エクスプローラーで “拡張子” を表示する方法

関連付けされたファイルはダブルクリックするだけで、別途の指定をせずとも自動的に対象のアプリケーションが起動しファイルが読み込まれるようになります。この関連付けは、昨今では「デフォルトアプリ」と呼ばれてOS上で簡単に設定できるようになっています。

参考 『デフォルトアプリ』を設定・変更する方法
参考 インストールしないアプリケーションをデフォルトアプリケーションに設定する方法

今回、普段は関連付けしていない拡張子に誤って設定をしてしまったので、設定の削除を試みたところ一度設定した関連付けは “変更” することはできても “解除” することは簡単にはできないようで、レジストリエディタからの操作が必要でした。

関連付けを解除する手順

例として拡張子 “.php” の関連付けを解除します。
  1. レジストリエディタより次の場所を開きます。
    参考 Windowsのレジストリエディタを起動する方法

    コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes
    
  2. Classes配下にある “対象の拡張子” を右クリックして表示されるメニューより『削除』をクリックします。

    Windows10→レジストリエディタ

    今回は “.php” を削除しました。
  3. 同様に “対象の拡張子_auto_fil” を右クリックして表示されるメニューより『削除』をクリックします。

    Windows10→レジストリエディタ

    今回は “php_auto_file” を削除しました。
  4. 続けてレジストリエディタより次の場所を開きます。
    コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\FileExts
    
  5. Explorer配下にある “対象の拡張子” を右クリックして表示されるメニューより『削除』をクリックします。

    Windows10→レジストリエディタ

    今回は “.php” を削除しました。
  6. パソコンを再起動すると、関連付けが解除され “真っ白いアイコン” に戻ります。

    Windows10→レジストリエディタ

関連付けを解除するやり方は以上です。

設定(またはコントロールパネル)より関連付けを新規作成できるのであれば、削除もできるようにしてほしいところです。

スポンサーリンク

フォローする