[Win10] 専用のソフトウェアを使わずにFTP接続する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ネットワーク

パソコンからサーバーへFTP接続する際には専用のソフトウェア(FFFTPなど)を使うのが一般的ですが、Windows10ではローカルHDD(SSD)のフォルダやファイルを閲覧するための “エクスプローラー” などからFTP接続できるようになっています。

FTPってなに?

FTPとは、File Transfer Protocol(ファイル・トランスファー・プロトコル)の略で、ネットワーク上でファイルのやり取りを行うための通信手順(プロトコル)です。

一般的には「FTPクライアント」と呼ばれる専用のソフトウェア(FFFTPやFileZilla、WinSCPなど)を用いて接続されることが多く、サーバーをレンタルするなどしてホームページ(Webサイト)を作ったことのある人であれば使ったことがあるでしょう。

このFTPは、専用のソフトウェアを用いる以外の方法でも接続することができ、古くはコマンドプロンプトなどから使われていましたが、Windowwsではファイルの操作に使うエクスプローラーなどからも接続できるようになっています。

エクスプローラーでFTP接続する手順

  1. エクスプローラーより “アドレスバー” に『ftp://(接続先アドレス)』を入力しEnterキーを押下します。

    Windows10→エクスプローラー→FTP接続

    「http://」や「ftp://」などのように “://” の前は通信手順(プロトコル)を意味しています。
  2. ログオン方法ダイアログより “ユーザー名” と “パスワード” を入力し『ログオン』をクリックします。

    Windows10→エクスプローラー→FTP接続

    接続に際して “ユーザー名” と “パスワード” が不要の場合には『匿名でログオンする』にチェックを付けると “anonymous” で接続できます。
  3. エクスプローラーからFTP接続が行われ、サーバー上のファイルにアクセスすることができるようになります。

    Windows10→エクスプローラー→FTP接続

エクスプローラーでFTP接続するやり方は以上です。

サーバーにFTP接続できれば、あとは通常のフォルダー・ファイルと同様にコピー&ペーストや移動などが可能なので、パソコンのHDD(SSD)のファイルと同じ感覚で操作することができます。

また、エクスプローラーだけでなくInternet Explorerなどのブラウザからでも同様にFTP接続することが可能なので、FTPクライアント(FFFTPやFileZilla、WinSCPなど)がインストールされていないパソコンからサーバーにアクセスするときに便利でしょう。

スポンサーリンク

フォローする