Windowsのコマンドプロンプトを起動する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Windows10

記事中にちょいちょいコマンドプロンプトが登場するので、このページでまとめておこうと思います。

『コマンドプロンプト』とは?

キーボードから決まった文字列(命令)を入力してWindowsを操作するための仕組みです。マウスで操作するのをGUI(Graphical User Interface)と呼ぶのに対してコマンドプロンプトはCUI(character user interface)と呼ばれています。

コマンドプロンプトの起動方法

Windows10ではコマンドプロンプトを起動するやり方がいくつかあります。ただし、『管理者』で起動したい場合にはスタートボタンから起動する方が早いでしょう。

スタートボタンから起動する

この方法は、2017年04月より提供が開始された “Windows 10 Creators Update” においてWindows PowerShellが起動するようになりましたが “設定 > 個人用設定 > タスクバー” よりコマンドプロンプトへ戻すことができます。
  1. 画面左下のスタートボタンを右クリックし表示されたコンテキストメニューより『コマンドプロンプト』もしくは『コマンドプロンプト(管理者)』をクリックします。

    Win10「スタートボタン→コンテキストメニュー→コマンドプロンプト

  2. 背景の黒い『コマンドプロンプト』のウィンドウが表示されます。

    Win10「コマンドプロンプト」

スタートボタンから起動するやり方は以上です。

ファイル名を指定して実行から起動する

  1. Windowsキー+Rキーを同時押しファイル名を指定して実行 を表示させます。

    Win10「ファイル名を指定して実行」

  2. ファイル名を指定して実行より cmd と入力し OK をクリックします。

    Win10→ファイル名を指定して実行→cmd

  3. 背景の黒い『コマンドプロンプト』のウィンドウが表示されます。

    Win10「コマンドプロンプト」

ファイル名を指定して実行から起動するやり方は以上です。

まとめ

コマンドプロンプトはなんだかんだと使えば便利な機能なので簡単にでも使いこなせるようになっておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

フォローする