Windowsのレジストリエディタを起動する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコンモニター

Windowsで設定を変更する際には “レジストリ” と呼ばれる領域の設定値を変更する場合があります。

レジストリエディタとは?

Windowsの設定を変更するには、Windows10では “設定” から、それ以外では “コントロールパネル” から行うことが多いですが、より細かい設定を施すにはレジストリと呼ばれる領域の設定値を変更する必要があります。

このレジストリを変更するためには専用のアプリケーションが用意されており、これをレジストリエディタと呼びます。ただし、レジストリは「通常は弄る必要が無い」や「値を間違えるとWindowsが起動しなくなる」などの理由から、レジストリエディタは “設定” や “コントロールパネル” からの起動ができないようになっています。

レジストリエディタを起動する手順

  1. キーボードのWindowsキーを押下しながらRキーを押下して表示される “ファイル名を指定して実行” にregeditと入力し『OK』をクリックします。

    Win10「ファイル名を指定して実行→regedit」

  2. レジストリエディタが起動します。

    Windows10→レジストリエディタ

レジストリエディタを起動するやり方は以上です。

前述したように、レジストリは誤った変更を行うと「Windowsが起動しなくなる」と言った不具合が生じることがあるので、充分に注意し自己責任にて操作してください。

参考 各ブラウザの同時接続数を変更する方法
参考 音声アシスタント『Cortana』を無効にする方法
参考 SSDにインストールしたWindows10にやっておきたい設定

スポンサーリンク

フォローする