[Win10] スタート画面やアクションセンターの見た目を変更する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコンモニター

Windows10のスタート画面やタスクバー・アクションセンターは、デフォルトでは黒をベースとした配色になっています。これは自分好みに自由に変更することができます。

見た目は変更できる

Windowsでは以前よりウィンドウの配色を変更することが可能でしたが、Windows10ではやり方が少々異なっているようです。ただ、簡単に変更できるので、気に入らない部分がある人は変更してみると良いでしょう。

見た目を変更する手順

  1. スタートメニューより『歯車アイコン』をクリックします。

    Windows10→タスクバー&スタートメニュー

  2. 表示された設定より『個人用設定』をクリックします。

    Windows10→設定(アニバーサリーアップデート後)

  3. 個人用設定のサイドメニューより『色』をクリックします。

    Windows10→設定→個人用設定→色

  4. 色より『アクセントカラー』を選択するとウィンドウのカラーが変わります。

    Windows10→設定→個人用設定→色

  5. 色より『スタート、タスクバー、アクションセンターを透明にする』をオフにすれば透過されなくなります。

    Windows10→設定→個人用設定→色

  6. 色より『スタート、タスクバー、アクションセンターに色を付ける』をオンにすればアクセントカラーで選択した色が反映されます。

    Windows10→設定→個人用設定→色

  7. 色より『タイトルバーに色を表示する』をオンにすればアクセントカラーで選択した色が反映されます。

    Windows10→設定→個人用設定→色

  8. 色より『アプリのモードを選ぶ』を黒に選択すればウィンドウ背景が黒くなります。

    Windows10→設定→個人用設定→色

ウィンドウやスタート画面、タスクバー、アクションセンターの見た目を変更するやり方は以上です。

背景画像(壁紙)などを変更している人は、それにあった配色を選択すれば、見た目を奇麗に整えることができるでしょう。

スポンサーリンク

フォローする