[Win10] SSDにインストールしたWindows10にやっておきたい設定

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Windows10

Windows7以降のWindowsはOSがSSDを正式にサポートしているので特別な操作をすることなくSSDとしての力は発揮できているとは思いますが、できることはやっておいたほうが良いかもしれません。

当サイトに書かれていることを実施する場合は、すべて自己責任です。何がおきても一切の責任は負いません。

Windows10を使うならSSDがオススメ

今使用しているパソコンのHDDをSSDに変更したい場合には以下を参考にしてみてください。

Windows10の無料アップグレード期限は1年間です。対象はWidows8や8.1だけでなくWindows7も含まれており多くの人が可能で...

劇的に変わるものではない

設定をしたからと言って劇的に変化が起きるようなものではないです。また、設定に失敗するとパソコンが起動しなくなる恐れがありますので自信のない人はデフォルトのまま使用することをオススメします。

SSD専用の設定

Windows10ではデフォルトでSSDよりの設定がなされているようなのでWindows7までに言われてきたことが通用しない部分がありますので先入観にとらわれないよう注意してください。

Windows Searchをオフにする

Windowsにはファイルの検索をスムーズに行うための Windows Search と呼ばれる機能があります。
Windows Searchはバックグラウンドでインデックスの構築(ファイル検索をのための目次のようなもの)を行っていますがSSDを搭載したパソコンには不要であるのと同時に、ファイルの追加や削除・更新が行われるとインデックスが逐一再定義されるため SSDの寿命を縮める原因 にもななります。

SSDの延命のためにもWindows Searchを無効化しておくことをオススメします。

サービスの無効化

  1. コントロールパネルより 管理ツール をダブルクリックします。
    Windows10で"設定"に取って代わられたと思われがちな『コントロールパネル』ですが、実は簡単に表示することができますよ。

    Win10「コントロールパネル→管理ツール」

  2. 管理ツールより サービス をダブルクリックします。

    Win10「管理ツール」

  3. サービスより Windows Search をダブルクリックします。

    Win10→サービス

  4. Windows Searchのプロパティよりスタートアップの種類を 無効 に選択しサービスの状態が 実行中 であれば 停止 をクリックし最後に OK をクリックします。

    Win10→Windows Searchのプロパティ

インデックスファイルの削除

サービスのWindows Searchを無効化したらインデックスファイルの削除を行います。必須の作業ではありませんが、SSD容量が小さい場合はスペースを空ける目的でも削除をオススメします。

  1. エクスプローラーで インデックスファイルの場所 を開きます。
    C:ProgramDataMicrosoftSearchDataApplicationsWindows
    

    Win10→エクスプローラー→Windows.edb

  2. エクスプローラーより Windows.edb を削除します。

インデックスファイルの削除は以上です。

Spuerfetch

Spuerfetchとは、ユーザーの利用環境に合わせて事前にデータをキャッシュしておく機能です。これもデフラグと同様にWindows7までは 無効にした方がよい とされていましたが、Windows10ではデフォルトで有効になっているので無効にしない方が良いでしょう。

Prefetch

Spuerfetchと同様にユーザーの利用環境に合わせて事前にデータをキャッシュしておく機能です。これも同様にデフォルトが有効になっているので無効にしない方が良いでしょう。

ただし、デフォルト設定のままよりも初期値の 3 から 1 に変更する方が良いそうです。

0 停止
1 アプリケーション起動
2 システム起動
3 1と2両方起動

設定方法

  1. Windowsキーを押しながらRを押下すると “ファイル名を指定して実行” が表示されるので regedit と入力し OK をクリックします。

    Win10「ファイル名を指定して実行→regedit」

  2. レジストリエディタが起動するので「HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetControlSession ManagerMemory ManagementPrefetchParameters」をたどります。

    Win10「レジストリエディター→EnablePrefetcher」

  3. EnablePrefetcherの値を「1」に設定します。

    Win10「レジストリエディター→EnablePrefetcher→1」

  4. C:WindowsPrefetchフォルダの中をすべて削除します。

    Win10「Windows→Prefetch」

  5. 再起動します。

設定方法は以上です。

デフラグ

Windows7までは SSDに対してデフラグを行うと寿命を縮める とよく言われましたが、Windows10はディスクの種類を識別しSSDの場合は Trim命令 を発行するようになっています。
そのため、デフラグを無効にしてしまうと Trim命令 が発行されずに速度低下などの問題が発生する可能性があります。
Windows10ではデフォルトでデフラグは有効になっているので無効にしない方が良いでしょう。

まとめ

特にこれと言って設定する必要はないかもしれません。私自身がWindows8.1を使用していなかったので今では当たり前の内容ばかりかもしれませんが、Windows7からWindows10へ移行してきた身としては、当たり前が当たり前じゃなくなってきていることに驚きです。

スポンサーリンク

フォローする